2008年03月29日

しろちゃんの帝切のお話〜

もう2週間も前になっちゃうんだ。。。

早いなぁ。

しろちゃんの出産のお話を。。。
(やっぱりちょっとグロいので見れる人だけ見てくださいねぇ〜)

今回のお産は泣かなかったんです〜( v^-゚)ぶぃ♪

しろの赤ちゃんがほしくてほしくて。
陣痛が始まったしろを病院に連れて行く間も
今回はなぜかわくわく。。。

出産って何があるかわからないから
喜んでばっかりもいられないんだけど。

今回はどきどきわくわく感がすごかったです。

麻酔かけられたしろをみても泣かなかったし。
結構慣れてきたのよね。。。きっと。

時間外だったからスタッフがいなくてちょっと心配。

でも、いろんな様子が見れた。
麻酔かけてからおなかの毛をそってシャワーでガシガシ洗われてた。
う〜ん。。。ちゃんと乾いたのかしら?風邪引かないかしらとちょっと不安。

2008 03 14 030.jpg

クリックして大きくしてみてね。

ここでもスタッフが少ないと
麻酔の量が間違わないかしら?と不安。


2008 03 14 032.jpg

いままでよりも長い時間見ていることができました。。。怖かったけど。


2008 03 14 037.jpg

2008 03 14 034.jpg


院長の娘さんも蘇生を手伝ってくれてたんだけど。。。
赤ちゃんが出てきたときに
手術室の中で
「顔ができてない〜」と大声で言われてたのが
すっごくショックで・・・

まだ見てないから
何なの?何なの?もしかして障害児?

赤ちゃんが出てきたときに
院長の奥さんが
「いつもよりかなり小さいですよ。。。」

見たら。。。うん。小さい。
お顔は。うん。小さいからこんなもんだよ〜
(ふ化する前の卵の中にいるひよこみたい)
よかった〜障害児じゃなかったよ〜

2008 03 14 041.jpg

しろちゃんは3日くらいショック状態?
赤ちゃんの世話もできないくらい震えてました。

しろちゃんが元気がないと
赤ちゃんたちもどんどん元気がなくなって
どんどんやせていくの。

下痢もしておしりからミルクが出てくる。
ショックでしたねぇ。
内臓ができない? 消化不良?
おしりもただれて血が出てるし。
もうだめかと思いました。

病院に電話しても「80gの子には何にも治療はできない」といわれるし。

カフェのななママの相談して
ヤギミルクと核酸と乳酸をわけてもらい
とにかくしろに飲ませました。

しろに元気が出て赤ちゃんたちのお世話をし始めたら
赤ちゃんたちも元気におっぱいを飲み始めたの。
しろがおしりをなめてくれたら
次の日にはあんなに真っ赤に腫れ上がってたおしりがピンク色に。

4日めにはしろもしっかりママになってくれました。

どんなにうさぎがおしりをコットンとお湯ででやさしく
ふいても治らなかったのに
ママの力ってすごいな〜

ひとつ勉強したのが
うまれたてのあかちゃんは暑いくらい暖めたほうが
いいってことかな。

おかげさまで
2週間たった赤ちゃんたちは
一番小さい子でも130gを超えました〜


ニックネーム うさぎ at 10:00| Comment(7) | TrackBack(0) | BABY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うさぎさんもしろちゃんも頑張ったんですね!泣けてきます〜
ママの力ってすごいですね☆
アヴェルちゃんの事がより愛しくなりました。
今一度、大切に育てますね!
Posted by ティンヴェルまま at 2008年03月29日 07:10
うさぎさんも、しろちゃんもお疲れ様でした〜。
うさぎさん、しろちゃんの頑張りで、あんなに大きくすくすく成長中わーい(嬉しい顔)

小さな生命力の強さにも感動ですぴかぴか(新しい)
Posted by あゆめ at 2008年03月29日 07:31
うさぎさん、お疲れ様でした。
しろちゃんも頑張ったね。

感動しました。読んで良かった。
おチビちゃん達の成長、本当に楽しみですね。
Posted by マル姉 at 2008年03月29日 13:33
うさぎさん、こんにちは。
うちも、25日にいちごのお産が始まりました。
レントゲンの結果で、自然でいけるでしょうとの事でした。
第一子は、89gで、死産でした。
それから4時間全然次の子が出てこないので、近所のブリーダーさんが心音をとりに来てくださって、すぐに切ったほうがいいと言われ獣医さんに行ったのですが、切ってもらえず帰されてしまいました。
仕方ないので26日の朝、別の病院に行き、促進剤(その日麻酔わかける予定の子がいたので、手術が出来ない状況でした)を打ち、第二子が108gで、仮死状態で生まれました。蘇生をしましたがだめでした。
その約1時間後に第三子が100gで、やはり仮死状態で生まれました。やはりだめでした。
夜のうちに出していれば、助かったと言われた時には自分の判断や、選択の甘さを後悔しました。
しろちゃんの赤ちゃんたち、助かってよかったです。
成長を楽しみにしています。
Posted by ともみ at 2008年03月29日 16:34
ともみさん〜

残念でしたね。
赤ちゃんとママにはすごい勉強をさせてもらったと感謝してたくさん反省もしてください。
うさぎもまだまだ勉強中ですが
お産はとっても大変なんです。
犬は自分で生むからとか
犬に任せないといけないという獣医さんもいますがうさぎはそうは思わないんです。

特にチワワは野生の犬ではありません。
もう、人間が世話をしないと生きていけない犬です。
チワワのお産を人間は手を出さないでということはうさぎにはできません。
自然分娩だったら引っ張って出してあげたりさっさと羊膜を破って蘇生させたり
人間がしたほうが生存率はいいと思います。

獣医さんだってそうです。
いい獣医さんを選んでおかないと
大変なことになります。

うさぎは今幸いに夜中でも電話してと
携帯番号を教えてもらってる獣医さんがいます。
これ位してもらわないと心配で生ませられませんよね。

これを見てる人はたくさんいると思いますが、本当にいい獣医さんを探してください。
今回はママわんこが無事だっただけでも
よかったと思ってくださいね。
赤ちゃんが詰まったらママまで死に至る場合もあります。
気軽に考えないでください。
大事なわがこのために万全の体制で
出産を計画してください!お願いします。

ともみさんもこれに負けずに
次回は何があっても大丈夫だぞ!というくらい万全の体制で挑んでみてください。
(うさぎ何度も壁にはぶちあたってますから。。。。)
Posted by うさぎ at 2008年03月29日 17:32
出産は人間も犬も同じですね。母子ともに命がけのことです。
全てのワンちゃんの命の大切さを改めて実感です。
大事に大事に育てていきます。
Posted by らぶりん at 2008年03月29日 23:39
はい。
反省も後悔もいっぱいしました。
子供達も勉強になったと思います。
今は、赤ちゃんをとりあげてくれた獣医さんに行ってますが、もう一軒良いと教えていただいた所があるので、今度行ってみようと思ってます。
今月、近くのブリーダーさんのちわわのお産に立ち合わせてもらう予定です。
Posted by ともみ at 2008年04月01日 13:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1333296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック